読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護ムーミン

看護師のこと

看護師の仕事は思った以上に辛かった・・?

経験的に言えることは、入院していて一番長くお付き合いしなければならないのが看護師さんでしょう。 昔は看護婦と言って女性だけの職場であったが、今では男女雇用均等とかで、此の職場にも男性が進出してきているようです。 それで看護師などと称しているのでしょうが、患者側にしてみれば体験的にも、看護婦(敢えて婦にします)さんのほうが如何にも職業的にはお似合いのように感じますね。



看護師としたのは、女性専門の職場にしてはハードな面が多いために、男性も進出してきたのだろうかと斟酌は致しますが、一昔前までは白衣の天使と言われていたのは、今は昔になりまして、此れも時代の変遷とでも言うのでしょうか。



ところで、看護師さんと言えば看護学校の専門過程を終了した後は、普通に就職した場合は待遇面や給与などは、一般のサラリーマンなどの比較すると結構良いようですし、其れに特殊手当や夜勤の特別手当などを含めると、相当に高給取りとも言われているようです。 それに、医療に関する専門的な知識や色々な医療的なことを経験をしながら成長しつつ、やりがいを感じている仕事という見かたもあるようです。



しかし他方では、せっかく看護という夢を抱いていい医療機関や病院に就職してきたのに、予想したものと現実の仕事の内容等にギャップがあることに気付かされ、それらに耐え切れず退職してしまう看護師さんもいるようです。



現在では看護師さんに求められる仕事や役割というのが、確かに以前に比べて高まっているとも言われ、看護師が働く条件や環境が厳しくなるにつれて、「辞めたい、転職したい」と、看護師として働く人であれば、誰でも一度や二度は思ったことがあるのではないでしょうか。