読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護ムーミン

看護師のこと

仕事はイコール人間関係

仕事についてよく思うことは、仕事の大変さとは仕事そのもののことよりも、周りの人間関係によるということです。

クリアするのが難しい仕事をすることになったとき、最初は自信がなくて落ち込んだり、諦めかけたりしますがお給料をもらっている以上、簡単に投げ出せません。
だからがんばって(人の力も借りながら)、どうにかやりとげたときには自分が進化したような気持ちになります。

人間関係は、下手すると仕事そのものができなくなります。
仕事=人間関係だと言ってもいいくらいです。思い返せば、その仕事を始める前、職場へ勤める前に受ける面接など、そこから人間関係は始まります。

面接している人に認められないと、そこの仕事を始めることはできません。

(面接のときの評価は高くても、いざ仕事をしたらあまり・・という人もいますが。これはたぶん、面接担当の人と現場の人は違うとか、入社するまでのマニュアルだけはきちんと身につけているとか、そういうことが原因だと思います)

人間関係はまったくダメだけど仕事はできる、という人はたぶん、特殊な技術職以外ではありえないと思います。

とはいえ人間関係というのは、自分だけがちゃんとしていてもダメなときはダメだし・・、確かな方法はないです。