読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護ムーミン

看護師のこと

冬のランニング

外はとても寒いのに、ランニングした日の話。
夏の暑さが大好きで、冬の寒さが大嫌いなのに、彼女が痩せるために走りたいというので、付き合って、とても寒い中ランニングしてみた。
ランニングということで軽装で外に出ると、風がとても冷たく心が出だしで心が折れそうになった。しかし、彼女は意気揚々と走り出すので負けじと走ることに。
最初の5分は足が冷たくて冷たくて、「寒い寒い」と文句を言いながら走っていたが、しばらくすると体全体が温まってきて、心地良さを感じた。
「とても寒いはずなのに、寒いと感じないこと」と「体をいっぱいに動かすことの爽快さ」が相まってハマりそう。
最初の出だし、「今日は走るぞ!」と意気込んでから、実際に走り出すまでがとても高い壁のように感じるが、一度でも走り出すと爽快感を味わえる。
初めてスキー以外で冬を少し良いなと感じた瞬間であったとともに、周りの人にもぜひ進めてみようと思った。
メリットはもう一つある。日頃、仕事ではデスクワークばかりで運動不足だし、週末も外は寒いということで屋内でのんびりしていたので、ちょうど良い運動かつストレス解消になる、という点だ。会話できる程度のペースで40分以上走るのがダイエットには効果的らしい。会話できる程度であれば、「やばい、しんどい!」ということにもならず、続けられそう。
これからは週2回くらい走って健康体を手に入れてやる!と意気込む1日だった。