読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

看護ムーミン

看護師のこと

看護師としての仕事内容と種類と特徴

医者に行くと必ず看護師の姿を見かけますが、看護師の仕事内容は多くあります。

医師が診察や治療を行う際の補助や病気や怪我などのケアを行うのが一般的です。

具体的に血圧や体温、脈などの測定をして注射や点滴などの治療の補助、患者への食事やベッドメーキングなどの身の回りの世話を行います。

1日の終わりに次の担当の看護師のために、1日の記録をつけたりなど看護師としての仕事はとても多いのが特徴です。

大学病院などの看護師は手術の補助を専門としている看護師もいます。

手術の準備や器具の手渡しなど様々です。

医療の専門化が進んでいる最近では、看護師も専門的な仕事が求められるようになっています。

専門化が進んでいることで、看護資格よりも高度な知識が求められる専門看護師や認定看護師などの資格もあります。

看護師にも種類があり、医師や看護師のもとで看護を行う准看護師や病気の衛生管理などを行う保健師がいます。

基本的に看護師の活躍の場といえば大学病院や診療所などで、保健所などが増えている中で高齢化社会の発展により活躍の場は増えているといえます。

看護師は患者と最も接点がある医療従事者として、重要な役割を担っている仕事の一つといえます。